赤ちゃんとペット。一緒に暮らすコツと注意点!

シェアよろしくお願いします!!

どうも。ジジです!

ジジ家には、そら坊が産まれる前から一緒に暮らしている猫がおります!

2歳9ヶ月のスコティッシュフォールドの武蔵君です。

かなりのビビリですw

出会いは、横浜で嫁ちゃんとデートしていてたまたま入ったペットショップでした。

嫁ちゃんの一目惚れでしたね!

そしてしばらくして嫁ちゃんの妊娠!

ここでジジは気になりました。

猫って妊婦に何か影響があったりするのかな?赤ちゃんと一緒に暮らす注意点はなんだろな?と!

猫が妊婦にもたらす影響

トキソプラズマ

トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)は、アピコンプレックス門コクシジウム綱に属する寄生性原生生物の1種。幅2-3μm、長さ4-7μmの半月形の単細胞生物で、ヒトを含む幅広い恒温動物に寄生してトキソプラズマ症を引き起こす。通常は免疫系により抑え込まれるため大きな問題とはなりにくいが、免疫不全の状態では重篤あるいは致死的な状態となりうる。特に妊娠初期に初感染した場合、胎児が重篤な障害を負うことがある。

「トキソプラズマ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2017年5月26日 (金) 11:08 UTC
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%BD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E

このトキソプラズマと言うものが、猫に寄生していると、猫から妊婦に感染してしまう恐れがあるそうです。

『妊婦妊娠生活応援サイト』と言うサイトに、妊娠中に感染した場合の症状について詳しく説明してあるサイトがありましたので紹介したいと思います。

リンク先➡︎『妊婦妊娠生活応援サイト』妊娠中トキソプラズマに感染するとどのような症状が出るの?

その感染ルートと予防法とは!?

猫の糞

このトキソプラズマと言うものが、猫の糞の中に卵として存在しているそうなんです!しかもトキソプラズマの卵を含む糞をするのは、ネコ科の動物だけなんです。

その問題の卵なんですが、卵の状態なら感染力はありません。ただ、猫が糞をして約24時間経つと感染力を持つと言われています。

24時間以上経ってしまった糞を片付けている際に、知らずに触れてしまい、目や口から直接感染します。

猫の糞は24時間以内に片付けましょう!そして、さらに感染を避ける為に、片付けはなるべく妊婦にはやらせない様にしましょう。もし、妊婦自身が片付けなければいけない時は、マスクや手袋(ゴムやビニール製)を着用し、終わった後は必ずしっかり手洗いをしましょう!

そして猫の糞以外にも!

土を触る

ガーデニングなどで土を触る事がありますよね。その土の中にもトキソプラズマが潜んでいる可能性があります。収穫した野菜にも付着している可能性もあるので、しっかりと洗うか、加熱をしてから食べましょう。

生肉

人間が食べる肉にはほとんど寄生するのではないでしょうか。恐いかもしれませんが予防法は簡単です!生肉を食べない!以上!

食べるだけの人はこれでいいですけどね。問題は調理です。調理の過程で生肉を使用した場合、まな板や包丁をしっかりと洗う。心配であれば、熱湯消毒しましょう。

加熱不十分の肉にも注意が必要です。しっかりと中まで火を通しましょう

妊婦が猫からのトキソプラズマ感染は極わずか

調べてみるとコワイ事や心配になる事が沢山出て来るんですよね。

でも大丈夫です!

実際、猫からの感染はほとんどなく、飼い猫がトキソプラズマに感染している確率は1%程度と言われていて、さらに、糞の中にトキソプラズマの卵が出て来るのは、初めてトキソプラズマに感染した3日〜3週間の間だけです。家の衛生管理によりますが、完全室内飼いではまず感染はありません。それでも心配の方は動物病院で検査してもらいましょう。

妊婦の方は、妊婦検診の時、血液検査で調べることができます。特に妊娠前後に初めて猫に触ったり、ガーデニングで土に触ったり、生肉(ユッケ、生ハム、馬刺しなど)を食べた場合は、検査した方がいいと思います。不安な場合は、まず産婦人科の先生に相談しましょう。

まとめ

昔は、妊娠したら飼っている猫を手放しましょう。なんて言われていたらしいです。猫との生活や、感染の条件などをしっかりと理解していれば感染は防げます。手放す必要なんてありません。あまり考え過ぎても、かえってそれがストレスになってしまいます。猫も大事な家族です。一緒に楽しいマタニティーライフを過ごしましょう!

おまけ

猫には特別な癒し効果があるって知っていましたか!?猫と触れ合うだけで血圧や心拍が安定して、不安感や、ストレスが軽減されるそうです!ではっo(^▽^)o